市川木魚さんの出前授業を受けました(6年生)

  総合の学習で、講師として市川木魚製造所の市川様に来ていただきました。木魚を作っているのは、日本で一件だそうで、大変貴重なお話を聞くことができました。材料となる木から準備し、乾燥させたり削ったりして、完成までに10年以上かかることもあると聞き、驚いたようです。コーチをしていらっしゃるサッカーの話もしていただき、夢に向かって頑張ろうとする気持ちが高まったようです。

校外学習に行きました(3年生)

  9月18日(金)校外学習に行きました。
  メタウォーター下水道科学館では、毎日の生活で使った水をきれいにする下水道の仕組みや働きを、クイズラリーをしながら学びました。
  明治なるほどファクトリーでは、明治の工場の取り組みについて話を聞き、工場見学や乳しぼり体験をしました。
  お土産もいただき、大満足の一日になりましたね。

出前授業を行いました(4年生)

  9月15日(火)に東邦ガスより講師を派遣していただき、「地球環境と天然ガス」の出前授業を行ってもらいました。
  はじめに、パワーポイントで地球温暖化についての説明をしてもらいました。二酸化炭素をたくさん出している国の中に、「日本」も入っていることには、びっくりしていました。
  次に、ビデオを見ました。ベトナムやグリーンランド、日本の様子を見ました。
  最後に、液体窒素を使った実験を見ました。マイナス162度の液体窒素には、子ども達もとてもびっくりしていました。床に液体窒素をかけると、すぐに消えてなくなってしまい、驚いていました。花やボールなど様々な物を使った実験を見ました。
 来月は、どんな出前授業が行われるのかな?とても楽しみですね!
 

理科「地面の下の様子」(6年生)

  9日(水)に理科の学習で、白鳥小の校庭を掘り、どのような種類の土があるのかを調べました。班によっては、掘りにくいところや、土の種類がなかなか変わらないところがあったようですが、どのグループも一生懸命に活動しました。

図工(マーブリング) (4年生)

 9月9日の図工でマーブリングを行いました。
 水の上に、好きな絵の具をたらし、不思議な模様ができました。
 子どもたちも「綺麗」「絵の具が交わってて不思議だね」と楽しそうにお話をしていました。
 来週の図工では、今日作った紙を使って、花を作っていきます。どんな花がさくのか楽しみですね!