佐古木神楽について学びました。(3年生)

15日(木)の2・3時間目、佐古木文化財保存会の方々に来ていただきました。佐古木の成り立ちや佐古木神楽の歴史について教えていただいたり、ばちを作っているところや太鼓をたたくところを実際に見せていただいたりしたことで、自分たちの町がもっともっと好きになり、もっともっと知りたくなりました。次はどんな発見があるかな?

生活科「○○になったら・・・」(2年生)

2年生は生活科の授業で「自分史」をつくっています。14日(水)は「○○になったら…」というワークシートに取り組みました。3年生になったら…、4年生になったら…、6年生になったら…、大人になったら…。それぞれが未来の自分を想像して、楽しみながら記入していました。

花の名前は…(環境委員会)

環境委員会では、委員長からの提案により、花壇に植えた花の名前を看板で掲示することにしました。14日(水)休み時間を利用し、コンピュータ室で早速看板を作り始めました。パソコンが新しくタブレット型に代わり、これまでと使い勝手が違うようです。卒業までには看板が立てられると良いな…と思います。

ついに学年閉鎖

 インフルエンザが猛威を振るっています。ついに本校でも今日から3日間、4年生が学年閉鎖をすることになりました。子どもたちがいない教室は寂しい限りです。早くみんなが元気になって再開できることを願っています。

昔の遊びをしたよ(1年生)

生活科の時間に、昔の遊びをしました。けん玉やめんこ、あやとり、竹とんぼ、お手玉、羽根つきを行いました。

めんこでは、初めて見る子も多く、「こうやったらひっくりかえるかな?」と工夫しながら目を輝かせて遊びました。お手玉では、リズムよく玉をまわしたり、上げるタイミングに四苦八苦したりしながら、楽しく遊びました。あやとりでは、「おちゃわんできたぁ」「どこを通したらいいんだろう」と会話も弾みながら遊びました。竹とんぼでは、なかなか思う方向に飛ばずことができず苦戦している子がたくさんいました。コツをつかむのが難しい様子でしたが、冷たい風に負けず一生懸命にとばしていました。昔からの遊びの楽しさをたくさん味わい、みんな夢中になって遊びました。笑顔いっぱいの楽しい学習でした。

また、みんなで遊びたいね!