下水道出前授業(4年生)

 11月17日(火)に、愛知県建設局の職員の方を講師としてお招きし、下水道の出前授業を行いました。社会科(「命とくらしをささえる水」)や総合学習(環境学習)の一環として計画しました。
 最初に下水道のDVDを視聴し、下水道の仕組みについて学習しました。その後、活性汚泥の観察をし、クマムシなどの微生物を見つけました。初めて見る微生物に、児童はみんなびっくりしていました。また、パックテストを使って、牛乳や米とぎ汁などを比較し、身の回りにある水の汚れについて理解を深めました。最後に、ペットボトルを使った実験をしました。水に溶けない紙が、つまってしまうことが分かりました。
 この授業で下水道の仕組み・役割や日常生活をとりまく水環境について学び、水の大切さや汚れを減らす工夫などを学びました。
 楽しみながら、いろいろなことが分かりました!

光とかげから生まれる形(4年生)

  11月10日、11日に図工の時間に「光とかげから生まれる形」の学習を行いました。いろいろなものを組み合わせて、かげのすてきな世界をつくりだしていきました。
 グランドに出て、カラーコーンやフラフープを使って、思い思いの作品を作っていました。頭にミニコーンをのせたり、魔女になり切ったり、楽しそうにかげをつくっていました。
 

出前授業で車を走らせました!(4年生)

 10月20日に、出前授業がありました。燃料電池の特徴や地球温暖化を防ぐ方法を学びました。最後に、班ごとに燃料電池の車を走らせました。電池と違って環境に優しいエネルギーを使っていることに気付きました。初めての燃料電池を見て、その仕組みにびっくりしている様子でした。
 次は、どんな出前授業があるのか楽しみですね!
 

校外学習に行きました(4年生)

 10月2日(金)に、4年生が校外学習でメタウォーター下水道科学館あいちと名古屋市科学館に行きました
  メタウォーター下水道科学館では、クイズラリーをしながら下水道の仕組みについて学んでいきました。名古屋市科学館では、社会科や理科について体験を交えながら学んでいきました。とても充実した1日でしたね!

理科で空気砲の実験をしました(4年生)

 理科の実験で、空気砲を使って、玉の飛ばし方を観察しました。実験を通して、閉じ込めた空気が持つ性質を色々な角度から観察しました。子どもたちは、的にうまく当てれるように頑張っていました。空気を入れる量を調整したり、空気砲の向きを調整したりしながら、閉じ込められた空気が持つ性質について学習を深めました。