令和2年度 教育目標

教 育 目 標

(1) 本校の教育目標

   知・徳・体の調和がとれ、社会の変化に対応して主体的によりよい生き方を実

  践しようとする児童の育成を目指す。

 <校訓> <めざす児童像> 
ねばり強くたくましい子 自らすすんで考え、表現する子
・主体的に学び続けるこ・自分の考えをもって、発表・交流する子                                       
心やさしく、思いやりのある子

・相手の気持ちを考えて行動する子

・友達のよさを認め合える子

体をきたえ、最後までやりぬく子

・心身ともに健康な子

・目標に向かってあきらめない子

(2) 経営方針  

   弥富市学校教育基本方針の理念を踏まえ、教職員一人一人が専門職としての自

  覚と使命感をもち、教育目標実現に向けて協働し、児童や保護者、地域社会の期

  待に応えられる『チーム白鳥』を目指す。

ア 児童が主体的に学び、生き生きと活動する学校    

 ・ 児童の課題意識と解決意識を大切にした体験的活動・問題解決的な学習を充実

  させ、一人一人の特性を生かした活躍の場を設ける。

 ・ 児童一人一人が主体的に考え、判断し、行動しようとする意欲と態度を育てる

  とともに、様々な人と協調・協働できるようにする。   

イ 教職員が連携し、向上を目指す学校  

 ・ 「人とつながる」「言葉でつながる」「心がつながる」教育活動を推進する。

 ・ 「さらによくするには」を念頭に置き、教職員一人一人が創意とチャレンジの

  精神を発揮し、共通の目標に向かって組織的に取り組む職場づくりを進める。

ウ 家庭・地域と積極的に連携し、共に歩む学校

 ・ 各種便り、ホームページなど学校からの情報発信を活性化し、家庭・地域との

  相互理解・協力を図る。

 ・ 家庭・地域の声を活用し教育活動の改善に努めるとともに、地域の教育力(人

  材・環境)を生した活動を推進する。   

(3) 本年度の重点努力目標

ア 確かな学力の育成に向けて

 ・ 教職員の授業力向上に努め、主体的・対話的で深い学びの実現に向けての授業

  改善を図る。

 ・ 個に応じたきめ細かな指導を工夫しながら学習意欲と学力の向上を図り、わか

  る喜び、学ぶ楽しさを実感できる授業の実現を目指す。

 ・ 人・もの・こととの出会いを大切にした様々な体験活動を通して、児童の学習

  に対する興味関心を喚起し、コミュニケーション能力を育成する。

イ 豊かな心の育成に向けて

 ・ 「あいさつ・返事、時間を守る、はきものそろえ、黙働、静かな歩行」を生活

  習慣の基本として、当たり前のことを当たり前にできる児童を育成する。

 ・ 異学年や幼稚園・保育所との交流活動を通して、優しさと協調性を育てるとと

  もに、一人一人の自己有用感を高められるようにする。

 ・ 道徳教育の充実を図り、自立心や自律性、生命を尊重する心や他者を思いやる

  心を育てる。

ウ 健康な心身の育成に向けて

 ・ 日常的に運動に親しむ経験を設け、適切な運動経験により健康の保持増進と基

  礎的な体力の育成・向上を図る。

 ・ 運動や健康についての自己の課題を見つけ、その解決に向けてねばり強く考え

  行動する力を養う。

 ・ 児童の命を守る防災・防犯に関わる訓練・学習等を充実させ、学校・家庭・地

  域が一体となって、安心・安全な学校づくりに努める。

エ 教職員がゆとりをもって生き生きと取り組む学校の実現に向けて

 ・ 校務分掌の見直しにより教職員の業務を明確にするとともに、スクールカウン

  セラーや特別支援教育支援員などとの連携を図り、チーム学校としての体制を整

  える。

 ・ 全教職員の共通理解の下、在校時間の長時間化や部活動指導に関わる負担増等

  を防ぐ意識を高め、学校評価を通して業務改善を組織的・継続的に進める。

 ・ 会議・研修の精選を図るとともに、校務支援システムやICT機器の活用に努

  め、業務の効率化を進める。